地籍調査とは

地籍とは、一筆ごとの土地に関する記録です。

 現在、法務局備え付けの地図は明治時代の地租改正によって作られた地図(公図)をもとにしたもので、土地の境界が不明確であったり、測量も不正確であったりするため、土地の実態を正確に把握することができません。(面積、形も現状と合致しないので、現地を特定できません)
 そこで、限りある土地の有効活用・保全のためには、土地の実態を正確に把握する地籍調査を実施する必要があります。
 地籍調査とは、一筆ごとの土地について、その所有者、地番及び地目の調査並びに境界及び地積に関する測量を行い、その結果を地図及び簿冊に作成することをいいます。
 地籍調査により作成された「地籍簿」と「地籍図」は、その写しが登記所に送付され、登記所において地籍簿をもとに土地登記簿が書き改められ、地籍図が不動産登記法第14条の地図として備え付けられます。
 地籍調査の成果は、個人の土地取引から公的機関による地域の整備まで、およそ土地に関するあらゆる行為のための基礎データとなるものです。

字切図(地籍調査前)と、地籍図(地籍調査後)の写真が掲載された画像です。より正確な測量等の結果、面積や土地の境界が明確に変化しているのが見てとれます。

地籍調査は、こんなことに役立ちます。

公共事業の円滑化に役立ちます。

正確な地籍図により、各種事業計画が図上で可能となり、事業実施のつど測量を繰り返す必要がなくなり、測量と費用と時間の節約ができます。
さらに用地買収においても、図上で簡単に合理的に売買交渉ができ、登記事務においても分筆等が速やかにできます。

災害の復旧に役立ちます。

地震、土砂崩れ、水害等の災害が起きてしまった場合、地籍調査が行われていれば、個々の土地が地球の経緯度と関連付けされているため、元の位置を容易に確認することができ、復旧事業を円滑に進めることができます。

土地取引の円滑化に役立ちます。

正確な土地の状況が登記簿に反映され、登記制度の信頼性が向上するとともに、安心して土地取引ができるため、経済活動全体の円滑化・活性化につながります。

まちづくりに役立ちます。

町の整備計画(まちづくりプラン等)を立案する際に、地籍調査の成果を基礎データとして利用することにより、各種計画図等の作成が容易になるとともに、住民の皆さんにも分かりやすいきめ細かな計画立案が可能となります。

土地にかかるトラブルの未然防止に役立ちます。

土地の境界が不明確であると、住民間や官民間において境界紛争等様々なトラブルが発生しがちです。地籍調査の実施は、このようなトラブルを未然に防ぐことにつながります。

地籍調査をしていないと、こんな心配があります。

公共事業が進まない

道路、河川、土地改良等の公共事業を実施する際、現地と登記の内容が一致していない場合があるので、計画策定、設計、用地買収のための各種調整に時間を要し、事業の進行の妨げになることがあります。

災害等の復旧に時間がかかる

地震、土砂崩れ、水害等の災害が起きてしまった場合、災害前の土地の境界が確認できない場合があり、早期に復旧をしようとしても、境界確認及び権利調整に時間を費やし、なかなか復旧工事にかかれない場合があります。

土地取引が円滑にできない

土地を売買する際、隣地との境界確認に時間がかかったり、登記簿面積と実測面積が異なっているとトラブルの原因となり、土地取引が円滑にできないことがあります。

相続した土地がわからない

相続を受けた土地の正確な位置がよくわからなかったり、隣地との境界争いになることがあります。

詳しくは次のリンクをご覧ください!

地籍調査Webサイト

国土交通省の「地籍調査Webサイト」へのバナー画像。測量器具をモチーフにしているキャラクターの周囲に「土地の境界を正確に!」「地籍調査ご存知ですか?」などの文言が並んでいる。

地籍調査についてさらに詳しい情報をお知りになりたい方は、次のリンクをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

紀美野町役場 美里支所 建設室(地籍調査)

〒640-1243
和歌山県海草郡紀美野町神野市場226番地1
電話:073-495-3461 ファックス:073-495-3334
メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年02月21日