地域支援事業

 できる限り住みなれたまちで、自分らしく活動的な生活をするために、要介護・要支援状態となることを予防するとともに、要介護状態になった場合でも、地域で自立した日常生活を営むことができるよう支援することを目的に、市町村が実施する事業です。

介護予防・日常生活支援総合事業

介護保険法の改正により、高齢者の介護予防と日常生活の自立を支援する介護予防・日常生活支援総合事業(以下、「総合事業」という。)が創設され、町の事業としてサービスを提供できるようになりました。

総合事業は、「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」とで構成され、紀美野町では平成29年4月1日から総合事業を開始しています。

総合事業のほか、これまでの介護保険の給付サービスとともに、ボランティアによる支援や地域の助け合いなど、地域全体で高齢者を支えていくための支援を行っていきます。

(1)介護予防・生活支援サービス事業(訪問型・通所型サービス)

従来予防給付として提供されていた全国一律の介護予防訪問介護、介護予防通所介護が総合事業に移行し、新たに町独自の基準によるサービスを提供しています。

(2)一般介護予防事業

 通所を基本とした介護予防教室の実施や、地域における住民運営の通いの場への支援、充実を図ります。

高齢者筋力トレーニング教室(健康アップ・チャレンジ教室)

健康運動指導士の指導による、トレーニングマシーンを使用した運動教室です。3か月かけて運動の方法と習慣を身につけます。

介護予防講座「65歳からの健康づくり教室」

介護予防や栄養改善、口腔機能向上に関する講話と調理実習を月1回開催しています。

ファイブ・コグ検査(脳の健康度検査)

認知症になると低下しがちな脳の5つの機能(記憶・注意分割・計画力など)を調べる検査です。検査結果と認知症についての説明を行います。

脳のトレーニング教室

和歌山県立医科大学脳神経外科と和歌山県が共同開発した脳のトレーニングドリルを使って、脳の活性化を図ります。

いきいき百歳体操

手足におもりをつけて行うゆっくりとした運動で、椅子に座ってDVDをみながら行います。地域の仲間と一緒にはじめてみませんか?

 

包括的支援事業

認知症初期集中支援推進事業

認知症になっても住み慣れた地域でいつまでも安心して暮らし続けられるよう、認知症の人や家族に早期に関わり支援する「もの忘れ相談チーム(認知症初期集中支援チーム)」を設置しています。

医療・福祉の専門職が訪問して様子をお聞きし、必要な専門病院を紹介したり、介護・生活支援サービスを受けるためのお手伝い、集いの場などの情報を提供します。相談は無料です。

(3)任意事業

家族介護支援事業(介護用品支給)

内容

寝たきりや認知症の高齢者を抱える家族に対し、介護に必要なおむつやその他の用品を支給し、家族の身体的、精神的及び経済的負担を軽減します。

対象者

町内に住所を有し下記要件のいずれかに該当する高齢者を在宅で現に介護している家族(所得による制限があります。)

1.介護保険法に規定する要介護認定において、要介護4または要介護5と判定された方

2.介護認定時の調査等において、認知症または尿意がないこと等により常時失禁状態であることが確認できる方

※入院や施設入所、グループホーム入居者は対象外です。

家族介護慰労金事業

内容

高齢者を介護している家族の慰労として10万円を支給することで、経済的、精神的負担を軽減します。

対象者

介護保険における要介護認定において、要介護4又は要介護5と判定された在宅高齢者(過去1年間介護保険サービスを受けていない方)を介護している家族のうち、市町村民税非課税世帯の方

 

話し相手ボランティア「さわやか」

話し相手を希望する一人暮らし高齢者または高齢者のみのお宅に、話し相手ボランティア養成研修を受講した方が2人一組となって出向き、話し相手となります。

対象者

一人暮らし高齢者、高齢者夫婦世帯等

活動者

ボランティアに興味のある方など

認知症サポーター養成講座

認知症の人と家族への応援者である「認知症サポーター」を養成する講座ですオレンジロバ。紀美野町では「だいじょうぶ この町みんな サポーター」を合言葉に、小学生から高齢者まであらゆる年代の方を対象に、認知症への正しい理解を深めるこの講座に取り組んでいます。

SOSネットワーク(紀美野にこにこネットワーク)構築事業

「認知症になっても安心して外出できるまち」をめざし、道に迷っても地域の支援を得て早期に自宅に戻れるよう、警察署をはじめとした関係機関との支援体制の構築に取り組んでいます。

心配な方については、事前にその方の情報をお預かりし、警察署と共有することで早期発見につなげられるように連携を図っています。

高齢者位置情報検索サービス助成事業

認知症高齢者を介護している家族に対し、位置情報検索サービスを利用するための初期費用を7,000円を上限に助成します。

対象者

町内に住所を有し、記憶力や判断力の低下により、自宅へ戻ることがむずかしくなりつつある高齢者を在宅で介護している同居家族

この記事に関するお問い合わせ先

紀美野町役場 保健福祉課

〒640-1121
和歌山県海草郡紀美野町下佐々1408番地4
電話:073-489-9960 ファックス:073-489-6655
メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年04月17日