子どもの定期予防接種について

予防接種法による定期接種は以下のとおりです。

 現在の予防接種法では、以前の義務接種から勧奨接種に変わり、受けるように努めなければならない「接種努力義務」とされています。しかし、予防接種で免疫をつけることは、重い症状がでる病気には、感染や発症の予防、症状の軽減化を図ることができるので、大変有効なのです。予防接種法で定めている年齢や期間内は、公費負担で受けることができますので、お子さんの健康を守るために、できるだけ接種を受けましょう。

  • 接種を受ける前は、「予防接種と子どもの健康」を必ず読んで、よく理解したうえでお越しください。
  • 対象のお子さんには、個別通知いたします。

接種の間隔

予防接種の効果や安全性のために、次の間隔をあけることになっています。

生ワクチン

4週間以上あけてから次の予防接種

不活化ワクチン

1週間以上あけてから次の予防接種

予防接種を受けることができない者

  • 明らかに発熱(37.5度以上)をしている者
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
  • その日に受ける予防接種の接種液に含まれる成分で、アナフィラキシーを起こしたことがあることが明らかな者
    「アナフィラキシー」というのは通常接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。
  • BCG接種の場合においては、予防接種、外傷等によるケロイドが認められる者
  • BCG接種の場合においては、結核の既往のある者
  • その他、医師が不適当な状態と判断した場合

定期の予防接種

予防接種法に基づく定期の予防接種は市町村が行います。

定期(1類)の予防接種

  • 標準的な接種年齢の対象者には住民登録のある住所に個人通知致します。
  • ご案内がなくても対象者に該当する方で接種希望がありましたら、保健福祉課までお問い合わせください。
ワクチンの種類と概要一覧
ワクチンの種類 対象者 標準的な接種年齢 回数・間隔 備考
Hib 2~60ヶ月に至るまで 初回は、2~7ヶ月に至るまで 初回: 27~56日開けて3回
追加: 初回終了後7~13ヶ月
 
小児肺炎球菌 2~60ヶ月に 至るまで 初回は、2~7ヶ月に至るまで
追加は、12~15ヶ月に至るまで
初回: 27日以上開けて3回
追加: 1~1歳3ヶ月で1回
初回は1歳まで
四種混合
(百日せき破傷風ジフテリアポリオ)
3~90ヶ月に至るまで 初回は、3~12ヶ月に達するまで 初回: 20~56日開けて3回
追加: 初回終了後12~18ヶ月
 
二種混合
(破傷風ジフテリア)
(三種混合2期)
11歳以上13歳未満 小6 1回 夏休みに集団接種で実施
BCG 12ヶ月に 至るまで 5~8ヶ月に達するまで 1回  
麻しん風しん
(1期)
12~24ヶ月に至るまで 1歳過ぎたらなるべく早く 1回  
麻しん風しん
(2期)
5歳以上7歳未満で小学校就学の始期に達する日の1年前の日から、当該初期に達する日の前日までの間にある者 年長児
4~6月中に接種が望ましい。
1回  
水痘 12~36ヶ月に至るまで 初回は、12~15ヶ月に至るまで
追加は、初回終了後6~12ヶ月
2回  
HPV
(子宮頚がん予防) 接種勧奨を差し控えています
小6~高1女子 中1女子 サーバリックス:初回接種から1ヶ月、6ヶ月の計3回
ガーダシル:初回接種から2ヶ月、6ヶ月の計3回
 

日本脳炎は下記日本脳炎予防接種についてをご参照ください。

Hib、小児肺炎球菌の接種開始年齢が7か月以降での回数・間隔
接種開始 年齢 Hib 小児肺炎球菌
7~12か月に至るまで 初回:27~56日開けて2回
追加:初回終了後7~13か月
初回:生後13ヶ月まで27日以上開けて2回
追加:1歳以降に初回から60日以上間隔を開けて1回
1~2歳 に至るまで 1回 60日以上開けて2回
2~5歳 に至るまで 1回 1回
定期接種(2類疾病)の予防接種一覧

季節性インフルエンザ

詳細は10月の広報誌またはホームページに掲載いたします。

  • 65歳以上
  • 60~64歳で心臓腎臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活行動が極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者
(毎年度)1回
10~1月
成人肺炎球菌 当該年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方 1回
(過去に肺炎球菌ワクチン接種を受けたことがある場合は対象となりません)

日本脳炎予防接種について

 日本脳炎の予防接種後、重い病気にかかった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで日本脳炎予防接種のご案内を行いませんでした。その後、新たなワクチンが開発され、通常通り接種を受けられるようになっています。
 平成7年~17年度生まれの方は、日本脳炎の予防接種が不十分になっていますが、20歳に達する期間に不足分を接種できるようになりました。

日本脳炎予防接種の標準的なスケジュール

1期接種(計3回)

3歳のとき2回(6~28日の間隔を置く)その後概ね1年後1回

2期接種(1回)

9歳のとき1回

生まれた年ごとの、具体的な影響と対応

平成8年4月2日~平成19年4月1日生まれの方は20歳未満の間、いつでも日本脳炎の定期予防接種を受けることができるようになりました。

日本脳炎の予防接種が不足している方は、下記を参考にして、接種を受けるようにしてください。

1期を受け損ねている方は不足分を接種すれば、1期を完了したとします。

 1回接種した方 のこり2回(6日以上開けて2回接種)
 2回接種した方 のこり1回
 全く接種していない方 のこり3回(6~28日開けて2回接種、1年後追加1回)

2期を受け損ねている方

 予防接種法では1期完了後、6日以上開ければ2期を接種できることになっています。ただし、医学的には5年程度開けることが望ましいとされています。詳しくは主治医にご相談ください。

町からのご案内がない方で、接種希望の方は保健福祉課(489-9960)にご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

紀美野町役場 保健福祉課

〒640-1121
和歌山県海草郡紀美野町下佐々1408番地4
電話:073-489-9960 ファックス:073-489-6655
メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年09月11日