ごみの分別・出し方

 平成28年3月1日から、広域ごみ処理施設「紀の海クリーンセンター」が供用開始され、紀美野町から排出される一般廃棄物(産業廃棄物以外の廃棄物)はすべて、このセンターで中間処理されています。

 ごみは毎日の生活から発生するもので、正しいごみの分別は適正処理の第一歩です。私たち町民ひとりひとりの行動の積み重ねが美しい紀美野町を守ることにつながるのです。

 美しい紀美野町を次の世代へ引き継ぐために、ごみの減量化と再資源化にご協力をお願いします。

 町では、家庭用生ごみ処理機器購入補助事業を実施し、ごみの減量化を推進しています。是非ご利用ください。

紀の海クリーンセンター

紀の海クリーンセンターの概要

家庭ごみの分別・出し方

ごみの出し方

紀の海クリーンセンターへの自己搬入

処理できないごみ

臨時に出る多量ごみ

分別早見表

事業所ごみ

事業所ごみの処理

事業所用指定ごみ袋

「産業廃棄物」と「事業系一般廃棄物」

町指定ごみ袋販売店一覧

ごみ収集日程

野上区域(平成29年4月~平成29年7月)

野上区域(平成29年8月~平成29年11月)

美里区域(平成29年4月~平成29年9月)

美里区域(平成29年10月~平成30年3月)

ごみの分別・出し方ガイドブック【保存版】

3Rという、環境と経済が両立した循環型社会を形成していくためのキーワード「3R」を構成するリデュース、リユース、リサイクルの3つのRを3色で表現したイラストです。
3Rという、環境と経済が両立した循環型社会を形成していくためのキーワードを構成するリデュース、リユース、リサイクルの3つの要素を説明した文章の画像です。1.リデュースとは、廃棄物の発生抑制(必要なものを買わない、貰わない!)、2.リユースとは、再使用(修理したり、詰め替えて使いましょう!)、3.リサイクルとは、再資源化(きちんと分別して、資源として使いましょう!)。
この記事に関するお問い合わせ先

紀美野町役場 住民課

〒640-1192
和歌山県海草郡紀美野町動木287番地
電話:073-489-5903 ファックス:073-489-5919
メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年08月23日