○紀美野町財政調整基金繰替運用規程

平成24年3月28日

訓令第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、紀美野町財政調整基金条例(平成18年条例第61号)第5条の規定により、財政調整基金(以下「基金」という。)の繰替運用に関し必要な事項を定める。

(繰替運用の対象)

第2条 この規程において、基金の繰替運用の対象とする会計は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第209条に規定する一般会計、その他町長が必要と認めた特別会計とする。

(借入れ及び繰替運用申請)

第3条 資金の借入れ及び繰替運用を申請しようとするときは、会計管理者を経て町長が指定する期日までに、財政調整基金借入れ及び繰替運用申請書(様式第1号)を提出しなければならない。

(貸付け及び繰替運用の決定)

第4条 町長は、前条の借入れ及び繰替運用の申請があったときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、財政調整基金貸付け及び繰替運用決定通知書(様式第2号)により、当該主管課の長及び会計管理者に通知する。

(貸付条件等)

第5条 基金の繰替運用による資金の貸付けの条件は、次に定めるところによる。

(1) 利率 市中銀行の預金利率を限度とする。

(2) 償還期間 地方自治法第235条の3第3項による。

(3) 償還方法 一括償還とする。ただし、資金の貸付けを受けた当該主管課の長が、資金の全部又は一部を任意に繰上償還しようとするときは、繰上償還しようとする日の7日前までに、財政調整基金繰上償還届(様式第3号)を会計管理者及び町長に提出しなければならない。

(4) 貸付額の単位 貸付額の単位は、10万円とする。

(資金の交付等)

第6条 当該主管課の長は、前条の貸付け及び繰替運用の決定があったときは、速やかに財政調整基金借用証書(様式第4号)を会計管理者及び町長に提出するものとする。

2 会計管理者は、前項の報告があったときは、資金の支払をする。

(領収書の交付等)

第7条 町長は、貸付金の全額が償還されたときは、借受人に対し、当該貸付金に係る償還金領収書(様式第5号)を交付するとともに、借用証書を返還するものとする。

(その他)

第8条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、町長が定める。

附 則

この訓令は、平成24年3月28日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

紀美野町財政調整基金繰替運用規程

平成24年3月28日 訓令第1号

(平成24年3月28日施行)