○紀美野町職員のハラスメント防止等に関する規程

平成25年5月1日

訓令第3号

(趣旨)

第1条 この訓令は、すべての職員が個人として尊厳され、快適に働くことができる環境を確保するため、ハラスメントの防止、排除及びハラスメントが発生した場合の対応について、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) ハラスメント セクシュアル・ハラスメント、パワー・ハラスメント、モラル・ハラスメント及びマタニティ・ハラスメントの総称をいう。

(2) セクシュアル・ハラスメント 他の者を不快にさせる職場における性的な言動及び職員が他の職員を不快にさせる職場外における性的な言動。

(3) パワー・ハラスメント 職場において、職務上雇用形態上優越的な地位にある者が行う不適切な言動・指導・待遇のことであり、それによって、相手方の健康、就労意欲を低下させ、あるいは勤務環境を悪化させる言動

(4) モラルハラスメント 職場において、性別、職務上雇用形態にかかわらず、言葉や態度、身振りや文章などによって、相手の人格や尊厳を傷つけたり、肉体的、精神的に傷を負わせて、その職員が職場を辞めざるを得ない状況に追い込んだり、勤務環境を悪化させる言動

(5) マタニティ・ハラスメント 職員に妊娠、出産、育児休業等を理由として、雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律(昭和47年法律第113号)及び育児休業、介護休業等育児又は家庭介護を行う労働者の福祉に関する法律(平成3年法律第76号)に違反する不利益等をあたえることや、人格や尊厳等を侵害する言動、行動等により、当該職員に不快感を与え、労働環境を悪化させることをいう。

(6) ハラスメントに起因する問題 ハラスメントのため職員の勤務環境を悪化させること及びハラスメントへの対応に起因して職員がその勤務条件につき不利益を受けること。

(職員の責務)

第3条 職員は次条第1項の指針の定めるところに従い、ハラスメントをしないよう自らの言動に注意しなければならない。

(職員に対する指針)

第4条 任命権者は、ハラスメントを防止するために職員が認識すべき事項及びハラスメントに起因する問題が生じた際に職員に望まれる対応等についての指針を定めるものとする。

2 所属長は、職員に対し、前項の指針の周知徹底を図るものとする。

(任命権者の責務)

第5条 任命権者は、職員がその能率を十分に発揮できるような勤務環境を確保するため、ハラスメントの防止及び排除に努めるとともに、ハラスメントに起因する問題が生じた場合においては、必要な措置を迅速かつ適切に実施しなければならない。この場合において、ハラスメントに対する苦情の申出、当該苦情等に係る調査への協力その他ハラスメントに対する職員の対応に起因して当該職員が職場において不利益を受けることがないようにしなければならない。

(所属長の責務)

第6条 所属長は、良好な勤務環境を確保するため、日常の執務を通じた指導等によりハラスメントの防止及び排除に努めるとともに、ハラスメントに起因する問題が生じた場合には、迅速かつ適切に対処しなければならない。

(研修等)

第7条 任命権者は、ハラスメントの防止等を図るため、職員に対し、必要な研修等を実施するものとする。

(相談窓口の設置)

第8条 ハラスメントに関する苦情相談に対応するため、その相談窓口を総務課に置く。

2 相談窓口に相談等を受ける職員(以後「相談員」という。)を置く。

3 相談員は苦情相談を受けた場合は、ハラスメント苦情相談整理簿(様式第1号)に記録するとともに、総務課長に報告するものとする。

(ハラスメント防止委員会の設置)

第9条 ハラスメントの防止及びハラスメントに関する苦情相談等に対して適切かつ効果的に対応するため、ハラスメント防止委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

2 委員会は、ハラスメントに関する苦情相談等のうち総務課長が必要と認めた事案について事実関係を調査した上、その対応措置を審議し、並びに必要な指導及び助言を行うものとする。

3 委員会は、副町長のほか、町長が任命する委員5人以内をもって組織する。

4 委員会に、委員長を置き、副町長をもってこれに充てる。

5 委員長は、委員会を代表し、会務を総括する。

6 委員会の庶務は、総務課において処理する。

(プライバシーの保護等)

第10条 ハラスメントに関する苦情相談の処理窓口を担当する職員及び委員会の委員は、関係者のプライバシー及び秘密の保護を徹底し、関係者が不利益な取扱いを受けないように留意しなければならない。

(その他)

第11条 その他必要な事項については、町長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、公布の日から施行する。

(紀美野町セクシュアル・ハラスメント防止規定の廃止)

2 紀美野町セクシュアル・ハラスメント防止規定(平成18年訓令第39号)は廃止する。

附 則(平成29年9月1日訓令第5号)

この訓令は、公布の日から施行する。

画像

紀美野町職員のハラスメント防止等に関する規程

平成25年5月1日 訓令第3号

(平成29年9月1日施行)