○紀美野町Uターン奨励金交付要綱

平成28年3月22日

告示第10号

(目的)

第1条 この告示は、紀美野町に定住することを目的にUターンした者(以下「Uターン者」という。)に対し、予算の範囲内でUターン奨励金(以下「奨励金」という。)を交付することにより定住の促進と地域の活性化を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の定義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 定住 5年以上継続して紀美野町の住民基本台帳に登録され、生活の基盤を紀美野町に置くことをいう。

(2) 住民登録 平成28年4月1日以降に紀美野町の住民基本台帳に登録されることをいう。

(3) Uターン者 紀美野町(合併前の野上町及び美里町を含む。)の住民基本台帳に登録のあった者が町外に転出し、5年以上町外で生活した後、再び住民登録され、定住する意志のある者をいう。

(4) 世帯員 Uターン者と同一の世帯に属し、住民登録され、定住する意志のある者をいう。

(対象者)

第3条 奨励金の交付を受けることのできる対象者は、Uターン者及びその世帯員で、住民登録の日において50歳未満の者とする。ただし、次の各号に該当する者は、対象としない。

(1) 転勤等で一時的に住民登録を行った者

(2) 定住の意志がない者

(3) その他町長が交付対象者として不適当と認めた者

(奨励金の額等)

第4条 奨励金の額は、Uターン者1人に対し5万円とし、世帯員がある場合は、世帯員1人につき1万円を加算した額とする。ただし、2人以上のUターン者が存在する場合は、1人のみに5万円を交付し、2人目からは1万円を交付する。

2 奨励金の交付は、Uターン者の属する世帯に対し1回限りとする。ただし、同一住所又は住居に複数の世帯が存在し、生活を共にしている場合は、複数世帯が奨励金交付の対象となっても、当該複数世帯のうち1世帯のみを対象とする。

(交付申請)

第5条 奨励金の交付を受けようとする者は、紀美野町Uターン奨励金交付申請書(様式第1号)、個別調書(様式第2号)及び確約書(様式第3号)に必要書類を添付し町長に提出しなければならない。

2 交付申請ができる期間は、住民登録の日から1年以内とする。

(交付決定)

第6条 町長は、前条の申請を受理したときは、申請内容を確認し、奨励金の交付の可否を決定し、奨励金審査結果通知書(様式第4号)により申請者に通知するものとする。

2 奨励金の交付決定を受けた者は、奨励金請求書(様式第5号)により奨励金を請求するものとする。

(奨励金の返還等)

第7条 町長は、奨励金の交付を受けた者が次の各号の一に該当する場合は、既に交付した奨励金を返還させることができる。ただし、町長がやむを得ないと認めた場合はこの限りでない。

(1) 虚偽またはその他不正の手段により奨励金の交付を受けたとき。

(2) 奨励金の交付を受けた者が、その交付を受けた日から5年以内に転出したとき。ただし、下記に該当する場合は、返還の対象としない。

 Uターン者

離婚による転出

婚姻による転出

Uターン後に発病した疾病による入院及び介護等による転出

死亡した場合

 世帯員

進学、就職による転出

離婚による転出

婚姻による転出

Uターン後に発病した疾病による入院及び介護等による転出

死亡した場合

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年9月23日告示第26号)

この告示は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

紀美野町Uターン奨励金交付要綱

平成28年3月22日 告示第10号

(平成28年9月23日施行)