新生児聴覚検査費助成事業について

生まれつき聴覚に問題をもつ赤ちゃんは、1,000人に1~2人と言われています。早く発見し、適切な治療・援助をしてあげることが、言葉の発達の上でも大切です。そこで、紀美野町では新生児期に受けた聴覚検査費用の一部を助成します。


新生児聴覚検査は、出産後入院中の医療機関等で受けられることがほとんどです。検査を受けるためには保護者の同意が必要になります。目的や方法を理解していただき、検査を受けていただきますようよろしくお願いします。

1.助成対象となる方:新生児聴覚検査を受けた子ども※の保護者

ただし、聴覚検査実施日及び申請日に保護者及び検査を受けた子どもが紀美野町に住民登録していること

平成29年4月1日以降に生まれた子どもになります。

2.対象となる検査方法

・OAE(耳音響放射検査):音に反応して内耳から返ってきた反響音を検査


・AABR(自動聴性脳幹反応検査):小さい音をイヤホンから聞かせて脳からの反応を検査

どちらの検査も痛みなどはなく、数分で終わるので検査による負担はありません。

3.助成内容:上限 5,000円/回

原則初回検査のみですが、初回検査で「リファー(要再検)」となった場合のみ確認検査(1回分)の費用も助成します。

4.申請方法

必要書類をそろえて聴覚検査を受けた日から6か月以内に保健福祉課又は住民室に申請してください。

【必要書類】

(1)紀美野町新生児聴覚検査費助成金交付申請書兼交付請求書(様式第1号)(PDF:86.4KB)

(2)新生児聴覚検査に要した費用の領収書(明細書)

(3)母子健康手帳

(4)新生児聴覚検査の結果票※

※病院で結果票を発行された場合はご持参ください。

◆(1)についてはダウンロードしていただくか保健福祉課、住民室に備えています。

この記事に関するお問い合わせ先

紀美野町役場


・保健福祉課(総合福祉センター内) 電話:073-489-9960

・美里支所      住民室                      電話:073-495-3463

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年04月04日