弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

政府より、北朝鮮により弾道ミサイルが発射された場合で、日本に飛来する可能性があるときの国民がとるべき行動等が公開されましたのでお知らせします。

また、国民保護ポータルサイトには武力攻撃やテロなどから身を守るためにどのように行動するべきか等についても掲載されています。

国民保護ポータルサイト→http://www.kokuminhogo.go.jp/

〇弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。

〇ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。なお、弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下する可能性または領土・領海を通過する可能性がないと判断された場合は、Jアラートは鳴りません。

〇メッセージが流れたら、直ちにとるべき行動

【屋外にいる場合】

・近くの建物の中や地下に避難する。

・近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

【屋内にいる場合】

・できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

お持ちの携帯電話・スマートフォンが受信できるかどうかの確認手順は、上の

「受信できない(又は受信できるかわからない)場合の対策.PDFを参照ください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年09月25日