地域講演会「考える、土砂災害」~近年の土砂災害から学ぶこと~

vol.4 in 紀美野

紀美野町の総合福祉センターで、和歌山県主催の防災研修が開催されます。

紀美野町で発生する災害は、地震、洪水、土砂崩れ、雪害など様々あります。中でも当町は、中山間地であることや地質の関係から土砂災害の発生しやすい地域といえます。そのうえ、土砂災害は発生する場所やタイミングの予測がつきません。

また、当町では昭和28年の紀州大水害で洪水と共に土砂災害で多くの被害が発生しました。そして、最近でも平成28年に梅本地区で大規模な土砂災害が発生していることから、身近で発生する災厄といえます。

今回の講演会では、「近年激甚化する土砂災害から身を守る知識」、「近年の大雨の特徴と防災気象情報」、「紀美野町における大規模土砂災害に関する研究活動」について、専門の先生方から講義を受けることのできるまたとない機会です。皆さんお誘いあわせのうえご参加ください。

詳しくは、こちら→ 地域講演会in紀美野(PDF:1.2MB)

 

【日時】平成30年10月27日(土曜日)13:30~15:45

【場所】紀美野町総合福祉センター(駐車場には限りがございます。できるだけ乗り合わせてお越しくださいますよう、お願いします。)

【定員】200名

【講師】京都大学防災研究所 教授 藤田正治

和歌山地方気象台 土砂災害気象官 大西 実

大規模土砂災害対策技術センター 主任研究官 木下篤彦

主催:和歌山県

協力:国土交通省近畿地方整備局大規模土砂災害対策技術センター、紀美野町

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年10月12日