新型コロナウィルス感染症に備えて

住民の皆様へ

和歌山県内では、令和2年2月13日に新型コロナウイルスの感染が確認されました。

住民の皆様におかれましては、過剰に⼼配することなく、手洗いやうがいをするなど、通常の感染症対策に努めていただくようお願いします。

インターネット上には、新型コロナウイルス関連肺炎に係る様々な情報が流れています。住民の皆様は、厚生労働省や和歌山県、紀美野町が発信する公式な情報に基づき、落ち着いて行動してください。

 

帰国者・帰省者・転勤者の皆様へ~お願い~

海外から帰国された方、和歌山県外から帰省された方・転勤された方は、2週間の自宅待機 及び「帰国者・帰省者・転勤者連絡ダイヤル」への連絡 をお願いします。

和歌山県庁 帰国者・帰省者・転勤者連絡ダイヤル(24時間対応)

電話:073‐441‐2170

ファックス:073‐431‐1800

https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/041200/d00203874.html

 

 

新型コロナウイルス感染症にかかったと思ったら

特に次の症状がある方は、下記を目安に、「帰国者・接触者相談センター」にてご相談ください。

・ 少なくても下記のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談下さい。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

★息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

★重症化しやすい方(※)で発熱や席などの比較的軽い風邪の症状がある場合

※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

★上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)

≪妊婦の方へ≫

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等にご相談ください。

≪お子様をお持ちの方へ≫

小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

海南保健所:073-482-0600

新型コロナウイルス感染症に関する「帰国者・接触者相談センター」についてhttps://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/050100/d00203361.html

日常生活で気を付けること

まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などに こまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。

咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。

持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。

発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

 

 

更新日:2020年05月15日