紀美野町長 小川裕康 就任のごあいさつ(令和3年9月16日)

   暑さ寒さも彼岸までと言われますが、ようやく秋の兆しが見えてまいりました。

さて、私事ではございますが、去る 8 月 2 日に寺本前町長が突然お亡くなりになるという思ってもみなかったことが起こりました。町長がなくなると 50 日以内に次の町長を決める選挙を行わなければならないと公職選挙法に規定されています。私は深い悲しみの中、寺本前町長の遺志を引き継いで、今進めている事業を完成に導いていかなければならない。また、これからの紀美野町の未来を真剣に考えていかなければならない。そのような思いの中で多くの方々から強く背中を推され、 9 月 12 日執行の町長選挙への立候補をいたしました。そして無投票で当選させていただくという栄誉をいただくとともに、その責任の大きさを痛感し、改めて身の引き締まる思いをしてございます。

私は平成 18 年 7 月から助役、平成 22 年 7 月から副町長を務めさせていただいてまいりました。そのことが無投票当選に繋がったものと思っています。私はこの町で生まれ、この町で多くの先輩の方々に、そして町民の方々に育てられました。今の私があるのは、町民の皆様のおかげであります。いただいたご恩は決して忘れません。私はこの町、紀美野町が大好きです。町民が安全、安心で幸せに暮らしていくことができるまちづくりを進めてまいります。現在進めている町民の日常生活に欠かすことができない大切な水を作る下佐々浄水場施設の全面改修工事や町民の生命と財産を守る拠点である消防庁舎の移転新築事業、町道釜滝柴目線などの一日も早い完成をめざしてまいります。紀美野町の大動脈である国道 370 号並びに生石高原へのアクセス道路である県道野上清水線の一日も早い完成をめざしてまいります。また、「子どもは町の宝物」であります。紀美野町の未来を担っていただく子どもたちが健やかに伸び伸びと育ってくれるように子育て支援県下一をめざしてまいります。新型コロナウイルス感染症対策もしっかりと進めてまいります。海南医師会や関係機関のご協力のおかげでワクチン接種は、希望された方ほぼ全員が接種することができました。まだお済でない方へも今一度のお願いもしているところであります。ご苦労されている事業所の方々への更なる支援も進めてまいります。

   私は「町民のみなさんとともに」をスローガンに掲げています。町民のみなさんに寄り添ったまちづくりを進めてまいります。また、人口 8,400 人の小さな町でありますが、町民一人一人が輝く町、笑顔があふれる町、そしてキラリと光る紀美野町をつくってまいりたいと思います。

   紀美野町にはこの町の未来を真剣に考えてくれている方々が大勢いらっしゃいます。そうした方々のご協力をいただき、町民のみなさんと一緒にこの町の未来をつくってまいりたいと考えております。どうか皆様の温かいご指導とご協力を心からお願い申し上げまして、就任のあいさつとさせていただきます。

この記事に関するお問い合わせ先

紀美野町役場 総務課

〒640-1192
和歌山県海草郡紀美野町動木287番地
電話:073-489-5912 ファックス:073-489-2510
メールフォームによるお問い合せ

更新日:2021年09月21日