中間前金払制度の導入について

建設業を取り巻く厳しい経営環境を踏まえ、本町では、受注者の資金調達の円滑化を図るため、平成29年5月1日以降の本町発注の建設工事について中間前金払制度を導入します。

制度の概要

受注者の円滑な資金調達を支援するため、建設工事(請負代金額が500万円以上)において、現在の前金払に加え、既に前払金の支払いを受けており、次の要件を満たす場合に、保証事業会社の保証を条件に、更に請負代金額の10分の2以内(限度額は2,500万円)の前払金を支払う中間前金払制度です。

 

【要件】

次の(1)から(4)のすべての要件を満たすことが必要です。

(1)工期の2分の1を経過していること。

(2)工程表により工期の2分の1を経過するまでに実施すべきものとされている当該工事に係る作業が行われていること。

(3)既に行われた当該工事に係る作業に要する経費が請負代金額の2分の1以上の金額に相当するものであること。

(4)部分払の支払いを受けていないこと。

様式等

この記事に関するお問い合わせ先

紀美野町役場 企画管財課

〒640-1192
和歌山県海草郡紀美野町動木287番地
電話:073-489-5913 ファックス:073-489-2510
メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年05月09日