新型コロナウイルスワクチン接種について

更新日:2024年06月10日

令和6年度秋から新型コロナワクチン接種は定期接種になります

特例臨時接種による新型コロナワクチン接種(無料)は、令和6年3月末で終了しました。

令和6年4月1日以降の新型コロナワクチン接種は、予防接種法上の特例臨時接種から高齢者等インフルエンザと同様のB類疾病の定期接種に位置付けられ、次のとおり制度が変更される予定です。

なお、このページの情報は、国で検討中であり、内容が変更となる可能性があります。

定期接種の対象者

1.65歳以上

2.60歳以上65歳未満で心臓・腎臓もしくは呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極端に制限される程度の障害を有するもの及びヒト免疫ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有するもの。

 

ワクチンの接種費用・接種医療機関・接種時期

年に1回、秋冬に実施(日程は、決まり次第掲載します。)

定期接種に対する努力義務

なし

新型コロナワクチンについてのQ&A

新型コロナワクチンの効果、安全性と副反応、接種の対象者や優先順位などについて掲載されています。

厚生労働省Q&A(外部リンク)

和歌山県庁(外部リンク)

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉課
〒640-1121
和歌山県海草郡紀美野町下佐々1408番地4
電話:073-489-9960 ファックス:073-489-6655
メールフォームによるお問い合せ